【遊戯王 値上がり:埋蔵金の地図】《ランカの蟲惑魔》で2ドロー+1枚墓地へ・・・ 

遊戯王の値上がり情報です。今回値上がりしているカードは《埋蔵金の地図》です。このカードは「アカデミー デュエル ディスク」に収録されたカードです。
先日発表された《ランカの蟲惑魔》の影響で少し値段が上がってきています。

「トーナメントパック」でノーマルとして、再録はされています。

スポンサーリンク

埋蔵金の地図の相場情報(4月13日現在)

1枚約250円~300円くらいです。
上記はシークレットの価格です。

ちなみにノーマルは、かなり安く、あまり値段になっていません。

注目されているけど、やがて値段は落ちると思います。
そこまで実用性があるかと言われれば、そうでもないような気がします。

埋蔵金の地図

通常罠
セットされたこのカードを手札に戻す効果が発動した時に発動する事ができる。
自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札を1枚捨てる。

  • セットされたこのカードが手札に戻す効果が発動したときに発動でき、2ドロー+1枚捨て

これを見ていると、いかに《天使の施し》が強いことか・・・

なぜ値上がりしているの?

先日発表された《ランカの蟲惑魔》の影響です。
このカードのおかげで《埋蔵金の地図》の発動条件を満たせます。

ランカの蟲惑魔

星4 昆虫族 地属性 攻1500 守1300
効果モンスター
➀このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「蟲惑魔」モンスター1体を手札に加える。
➁このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
➂1ターンに1度、自分フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのセットされたカードを持ち主の手札に戻す。その後、自分の手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。この効果は相手ターンでも発動できる。

基本的に「蟲惑魔」のイラストは好きな方です。

ランカの蟲惑魔の効果考察

  • NS成功時に発動、デッキから「蟲惑魔」モンスター1体をサーチ
  • このカードがモンスターゾーンにいる限り、「ホール」及び「落とし穴」通常罠のカードの効果を受けません。
  • ターン1で、自分フィールドにセットされてある魔法・罠を対象に発動、そのカードを手札に戻し、手札から魔法・罠をセット(※相手ターンでも発動可

普通にサーチ効果はありがたい。また《ティオの蟲惑魔》と相性が良い点も管理人ポイント100ポイント!エンドサイクも避けることができますね
➂の効果が今回の肝ですね。

埋蔵金の地図》を手札に戻す効果が発動した時、《埋蔵金の地図》の効果が発動し、2ドロー+手札1枚を墓地へ・・・
そのためこのカードが値上がりしています。
ランカの蟲惑魔》のおかげで、「蟲惑魔」の底上げにはなったと思っています。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑