「俺もおまえもちょろすぎないか」感想と評価 チョロい二人によるど真ん中直球の”ラブコメ”

「俺もおまえもちょろすぎないか」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『MF文庫J』で出版されているライトノベルです。

今回は、「俺もおまえもちょろすぎないか」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「俺もおまえもちょろすぎないか」の評価と感想

画像は【MF文庫J公式twitter】より引用

チョロい主人公とチョロいJCヒロインによる甘~い甘い、ど真ん中直球の”ラブコメ”!

保住圭」先生の「俺もおまえもちょろすぎないか」。

この作品は、ちょろい主人公とちょろいヒロインによる”ラブコメ”で、読んでいたらなんだかにやけてきますし、ど真ん中直球のラブコメでしたね~

ちょろいヒロインはライトノベルではよく見かけるのですが、主人公の男性がちょろい属性のラブコメはあんまり見かけたことがなく、読んだこともなかったため、管理人にとったら読んでいて本当に楽しかったですよ。

そして、メインヒロイン枠がまさかの”JCヒロイン”、しかも理想に理想を重ねたあの姿……、すなわち、これこそ”ロリコン殺し”ですね~。

そんな二人によるちょろくて甘~い甘いラブコメが描いており、もう誰がどう読んでもこれぞ”ラブコメ”だと断言できる作品だと思います(たぶん)。

チョロい二人なのだから何かをする度に何かを話す度に、喜ぶ、ないしは、デッレデレになるはでそんな二人の反応をぜひ読んで楽しんで欲しいですね~

また、イラストに関して、イラストレーターは「すいみゃ」先生が担当しています。

表紙の「初鹿野」やカラーの「初鹿野」、そしてモノクロの「初鹿野」、全部可愛い……、もう「可愛い」「かわいい」としか言うことないです。

かわいいは正義!

あと、「初鹿野」の胸元のボタンがはじけるカラーイラストがあるんですけど、あのイラストはある意味やばかったですね~、あのシーンをイラストにしてくる所のセンス!

ラブコメ好きは絶対に嵌まるはず(たぶん)! 気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「俺もおまえもちょろすぎないか」の評価は、10点中9点です。

ここから「俺もおまえもちょろすぎないか」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「俺もおまえもちょろすぎないか」の主なストーリー

「――好きだ!」と、今まで何人もの女の子に告白してきた「星井出功成」、彼は少しでも「この子いいな」と思ったらその場で即座に告白していた。

しかし、何度もフラれる日々、それもそのはず「功成」は、些細な女性の行動でコロッと好きになってしまい、告白するという告白魔で……、まぁ、要するに「功成」はチョロかったのである。

そんな「功成」がすぐに告白する理由とは……。

それは早くしないと自分の運命の相手が、他の野郎に持っていかれちゃうと思っていたからだ。

また、「功成」にとって告白とは、一種の確認作業みたいなものであり、俺の彼女になってくれる人なら、きっと俺が告白するまでに至ったのを受け入れ、理解してくれると思っていた。

そんなチョロい「功成」はどうしても彼女が欲しかった、それも人生を共に歩ける女性を……。

そうした事を考えていた「功成」はある日、友人の代理で美化委員の会合に出席することになり、その会合では、高等部と中等部の生徒が集められていた。

しかし、会合が始まるやいなや「功成」の告白のことでざわつく会議室……、そんなざわついている会議室に響きわたる声があった。

「余計なことに時間を費やしているのはよくないと思います!」

その声を発したのは、中等部の「初鹿野つぶら」という女の子で、いかにも生真面目でお堅い性格の女子中学生であった。

「功成」にとったらなかなかキツいタイプの女性、しかし後に控えている合同美化作業で「初鹿野」と二人っきりで掃除をすることになってしまい……。

まさかその合同美化作業で二人が付き合うことになろうとは、この二人はまだ知るよしもなかった。

これはチョロい主人公とチョロいヒロインによる”ラブコメ”です。

「俺もおまえもちょろすぎないか」の登場人物

  • すぐ告白するちょろい主人公「星井出功成(ほしいでこうせい)」
  • 生真面目なちょろいJCヒロイン「初鹿野(はじかの)つぶら」
  • 「功成」の妹であり、「つぶら」の友達「星井出悠伊(ゆうい)」
  • 普段はモテモテ?「功成」の幼なじみ「小津梅香(おづうめか)」

ここまでが「俺もおまえもちょろすぎないか」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「俺もおまえもちょろすぎないか」どんな展開のストーリー?

「俺もおまえもちょろすぎないか」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「俺もおまえもちょろすぎないか」1巻の主な内容

付き合ってください!――少しでも“いい”と思ったらすぐに告白してしまう少年・星井出功成。そんな彼の前に一人の少女が現れる。初鹿野つぶら――彼女は、超がつくほど生真面目な性格で、どんなことでも真正面から受け止めてしまう子だった。誰にでも告白するナンパ男と思われている功成のことも、何か理由があるのだろうと一つ一つきちんと話を聞いてくれて……「好きだ!」そんな彼女に“俺のことを理解しようとしてくれた”と感動した功成は、すぐに告白! 対するつぶらは「私で喜んでもらえたのが嬉しい……この気持ちを理解したいのでもっと教えてくださいっ!」と、なんと付き合うことに!? 2人の恋路はまるで転がり落ちるように進展して――いく?

チョロい主人公「星井出功成」、彼が惚れた相手に告白する理由?

合同美化作業で同じ担当となってしまった「功成」と「初鹿野」……、なんか「初鹿野」は「功成」を睨んでくる様子。

そんな睨まれる関係で始まった二人の美化作業……、その作業中に「功成」は、女の子に告白するのには”理由”があるということを「初鹿野」に打ち明けることになります。

チョロい「功成」が惚れた相手に告白するのには大きな理由があって、それは惚れた相手にも自分のことをいいなぁって思って欲しいかららしく……。

つまり、「功成」にとって、恋人とは特別な存在であり、人生を一緒に歩いていく存在、そんな相手に自分の事を分かってもらいたいと思って「功成」は惚れた相手に告白していたのだ。

そんな「功成」が告白する理由を「初鹿野」は一生懸命聞いてくれて……、一方、そんな事を話した「功成」であったのだが、自分の気持ちなんて誰にも分かってくれないと思っていた。

チョロい「功成」と同じくこちらもチョロいJCヒロイン「初鹿野つぶら」!?

しかし、「初鹿野」は「功成」の気持ちをちゃんと理解し、「功成」の言葉をしっかりと受け止めてくれていた。

そんな「初鹿野」に熱いものを感じ、胸の奥から込み上げてくる「功成」の感情。

それは「初鹿野」に”彼女になって欲しい”という感情であり、そして「功成」は「初鹿野」を見つめ、「――好きだ!」と自分の気持ちをぶつけることになります。

「初鹿野」の反応はというと……。

「あ、うあ、ぁ」「あうあうあぁっ……」「わ、わたっ、わたし、は」「は――――」「はい……」

「初鹿野つぶら」は、「功成」の告白に「はい」と答え、そこから二人は付き合うことになり……、そう「初鹿野」もチョロかったのである。

うぶな二人の反応を見ていたら、にやにやが止まらない! ラブコメ好きにはたまらない作品だと思いますので、気になった方はぜひ読んでみて下さい!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

以上、「俺もおまえもちょろすぎないか」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第?、更新していこうと思います(※出版されるのかは分からないです)。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,133人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑