*

「邪神ちゃんドロップキック」感想と評価 2018年夏アニメ最も笑えた日常アニメ!

「邪神ちゃんドロップキック」というアニメをご存じでしょうか?

この作品は、『ノーマッド』が制作したアニメであり、原作は『COMICメテオ』です。

今回は、「邪神ちゃんドロップキック」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「邪神ちゃんドロップキック」の評価と感想

画像は【アニメ「邪神ちゃんドロップキック」公式twitter】より引用

キャラクターが個性強すぎ、可愛すぎ!? 2018年夏アニメ最も笑えた日常アニメ!

ユキヲ」先生の「邪神ちゃんドロップキック」。

普通に笑えましたし、見ていてテンポも非常に良かったですよ……、サクサクと見てしまいましたね~!

登場人物の個性が強すぎて、本当に最後の最後まで飽きないんですよ……、そして、声優さんも凄く上手かった……。

ャグシーン・コメディシーンもなかなかぶっ飛んでいて、マジでおすすめしたい作品だと思いました。

なんか昔の懐かしい雰囲気も醸し出していましたよ~

また、「邪神」ちゃんにかなり好感を持てましたし、このアニメは何だか毎週毎週の癒やしでしたね~

「邪神」ちゃんは普段何か良からぬことを考えているゲス野郎なのですが、実は”ツンデレ”な一面も多いんですよね~

そのギャップにグッときますし、それ以外のそれぞれのキャラクターにも好感を持てます……、そして、とにかく可愛いの一言です!

笑いあり、癒やし要素あり、時々グロい部分もありで、日常アニメ・ギャグアニメとしては今期トップクラスに入ってくると思っていますので、気になった方はぜひ見てほしいですの。

そんな「邪神ちゃんドロップキック」の評価は、10点中9.5点です。

ここから「邪神ちゃんドロップキック」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「邪神ちゃんドロップキック」の主なストーリー

女子大生「花園ゆりね」と悪魔「邪神」ちゃんが送るちょっと危険な共同生活が今、ここに始まります。

神保町のボロアパートに暮らす女子大学生「花園ゆりね」……、そんな彼女によって突如日本界に召喚させられた悪魔「邪神」ちゃん。

「ゆりね」は、「邪神」ちゃんを召喚したものの悪魔をもといた魔界へと帰す方法を知っておらず……。

そんなことで、「ゆりね」は「邪神」ちゃんとボロアパートでともに暮していくことなる……、のだが……。

”召喚者が死ねば魔界に帰れる”……、そんなことを知っていた「邪神」ちゃんが取った行動とは「ゆりね」に”ドロップキック”!

しかし、そんな「邪神」ちゃんのドロップキックはいつも返り討ちにあってしまっており……。

「邪神ちゃんドロップキック」の登場人物

登場人物:声優

  • 邪神(じゃしん)ちゃん:鈴木愛奈
  • 花園(はなぞの)ゆりね:大森日雅
  • メデューサ:久保田未夢
  • ミノス:小見川千明
  • ぺこら:小坂井祐莉絵
  • ぽぽろん:佐々木李子
  • ペルセポネ2世:飯田里穂
  • ベート:M・A・O

アニメーション会社

  • ノーマッド

以上、「邪神ちゃんドロップキック」の紹介でした。

気になった方はぜひアニメの配信や円盤を借りるなどをして見てみて下さい!

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,264人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑