*

「異世界おじさん」感想と評価 斬新で面白すぎる異世界コメディー漫画!

「異世界おじさん」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は、『MFC』で出版されているマンガで、初版発売日が2018年11月21日です。

今回は、「異世界おじさん」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「異世界おじさん」の評価と感想

画像は【アライブ編集部公式twitter】より引用

斬新で面白すぎる異世界コメディー漫画! 過酷な異世界での生活と現代のおじさんの生活に笑えてしまう!?

殆ど死んでいる」先生の「異世界おじさん」。

異世界ファンタジーを斬新な視点で捉えた異世界コメディーマンガ、マジで面白い作品ですよ!

異世界から帰還したおじさんの17年間にわたる孤独な戦いを描いており……、といってもおじさんにとっては悲惨な出来事なのだけど、読み手にとったら笑いが止まりません。

異世界召喚、異世界転生といったらなんか良いことが起こるかと思いきや……、「おじさん」は異世界の人たちから殺意を抱かれ殺されかけたりして、もうヤバいことだらけな異世界生活を送っています。

そして、異世界から戻ってきたのは良いものの、17年という月日が経っており、新しいものもあれば失ったものもあるしで、おじさんの嘆きがよく語られていたりして……。

そんな異世界での生活と、異世界から帰ってきた現代の日常から読者を笑わせてくれる斬新なマンガなのです。

あと、これだけは言いたい……、「ツンンデレエルフーーーーーーー!」

異世界で登場する「ツンデレエルフ」がめちゃくちゃ可愛いのですが、おじさんは”ツンデレ”という概念を知らず……、あの「ツンデレエルフ」はどうなったことやら?

また、「どんだけSE●Aが好きなんだよ!!」っていうくらいSE●Aのネタが次々と出てきます……、あのおじさんの顔、もう本当に自然と笑みをこぼしてしまいます。

おじさんの日常は本当に面白く、気付いたら一瞬で読み終わっているようなマンガですので、気になった方はぜひ読んでみて下され!

そんな「異世界おじさん」の評価は、10点中10点です。

ここから「異世界おじさん」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「異世界おじさん」の主なストーリー

17年間の昏睡状態から目覚めた叔父の面会に訪れた甥っ子たかふみは、彼から放たれる驚異的な魔法を目の当たりにする。
――そう、おじさんは異世界からの帰還者だったのだ!
エルフから突き付けられる言葉の刃、心を閉ざした少女とのすれ違い――
剣と魔法の世界での生活は、血と涙に濡れていた……。
おじさんによって語られる、異世界の過酷な思い出と、アウトローでノスタルジーなゲームのエピソードが織り成す、新感覚異世界&異世界コメディー!

2017年秋――17歳の時にトラックにはねられて17年間昏睡状態だった叔父が目覚めた……、のだが、頭がおかしくなっていた。

「異世界『グランバハアル』に17年いたがようやく帰ってきたぞ」

意味の分からん異世界語を話す叔父……、挙句の果てには「異世界にいた証拠を見せよう」とか言い出す始末。

しかし、おじさんは剣と魔法の異世界に17年間いただけあって、魔法を使えたのである。

「そんなことよりゲームハード戦争どうなった? SE●Aは?」

とっくに撤退したことを聞いたおじさんはショックのあまり、記憶消去の魔法を使って……、しかも、「たかふみ」はおじさんの消去した過去を見ることになったのだが……、そこに刻まれてあったのは……。

退院したおじさんは、「たかふみ」と共にとりあえずユーチューブで動画を公開することになり、現代の日常生活を送っていくことになる。

「異世界おじさん」の登場人物

  • 異世界から帰還した魔法を使えるユーチューバー「おじさん」
  • 「おじさん」とルームシェアをしている甥っ子「たかふみ」
  • 「おじさん」に付きまとう悲劇のヒロイン「ツンデレエルフ」
  • 「たかふみ」に好意を寄せる幼馴染「藤宮」

以上、「異世界おじさん」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,244人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑