*

「地獄楽」感想と評価 終始圧倒されっぱなしの展開!!

「地獄楽」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は、『ジャンプコミックス』で出版されているマンガです。

今回は、「地獄楽」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「地獄楽」の評価と感想

画像は【地獄楽公式twitter】より引用

極楽浄土の地にていつ誰が死んでもおかしくない……、終始圧倒されっぱなしの展開!!

賀来ゆうじ」先生の「地獄楽」。

未知なる地でいつ誰が死ぬか分からぬ切迫した空気・戦闘。

敵は同じ人間? それとも異形の怪物? 忍法に剣戟に別種の力……、無罪放免を求め極楽浄土で殺し合う。

本当に何が起こるか全く予想がつかない。

次のページを開けば誰かが死んでいる……、それくらいストーリー展開はもの凄く早いです。

それ故に、時間を忘れて読みふけってしまいますし、文句なしに面白かったですね。

あの極楽浄土を表した世界観もかなり考えられており、個人的にあの圧倒される作画の数々にのめり込んでしまいました。

また、心を持たない主人公の心情変化・女性でありながら処刑人を務める「佐切」の成長にも注目ですよ!

終始圧倒されっぱなしの忍法浪漫活劇! 気になった方はぜひ読んでみて下され。

そんな「地獄楽」の評価は、10点中9.5点です。

ここから「地獄楽」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「地獄楽」の主なストーリー

「打ち首」には極めて高度な技術が求められる
頑強な頸椎(ほね)と十を超える筋肉が重なる首は容易に切断できない
まして一刀両断など至難の業―――大抵は何度も叩き斬り刑場は常に惨状を極めた

最強の忍”がらんの画眉丸(がびまる)”。彼は岩隠れ衆の筆頭であり、里の長にも認められる程の逸材であった。

そのため、長は自分の娘と「画眉丸」を結婚させたのだが、この娘がとんだ愚鈍だった。

平和ボケで世間知らずの箱入り娘。そんな彼女の影響を受け、「画眉丸」の生活は一変。

妻を愛してしまったが故に、人並みの日常を求めてしまったが故に、「画眉丸」は岩隠れ衆の長に嵌められてしまう。

囚われた「画眉丸」は処刑されるはずだったが、どの刑を執行されても死なぬ不死身であった。

生に執着などないはずなのに……「どうして死なない」。

心を持たない化物が唯一願ったのは、妻との平穏な暮らし。そんなものどうせ叶うはずもない。

「叶います」

打ち首執行人である「山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)」が「画眉丸」に突き立てたのは無罪放免の条件

その条件とは、あの世に行き”不老不死の仙薬”を持ち帰ってくること。

「今一度聞きます」
「生に執着はありますか?」
「凶悪な死罪人達と得体の知れぬ島へ行き無罪放免を奪い合う…それだけが彼女に再会するただ一つの方法」
「それでも…彼女との生に執着はありますか? がらんの画眉丸」

「地獄楽」の登場人物

  • 元岩隠れ衆の最強の忍「画眉丸(がびまる)」
  • 女性ながら剣技に優れる打ち首執行人「山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)」
  • 島の少女「めい」
  • ”傾主の杠”の呼び名を持つくの一「杠(ゆずりは)」
  • ”賊王”の異名を持つ傑士「亜左弔兵衛(あざちょうべえ)」
  • 山田家入門1ヵ月で代行免許を得る天稟「桐馬(とうま)」
  • 山田浅ェ門・試一刀流四位「士遠(しおん)」
    山の民(サンカ)「ヌルガイ」

以上、「地獄楽」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,250人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑