*

「SOUL EATER」感想と評価 15年の月日を経て完全版となって刊行開始!

「SOUL EATER(ソウルイーター)」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は、『ガンガンコミックスデラックス』で出版されているマンガで、初版発売日(完全版)が2019年7月12日です。

今回は、「SOUL EATER」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「SOUL EATER」の評価と感想

画像は【少年ガンガン公式twitter】より引用

15年の月日を経て完全版となって刊行開始! あの頃の懐かしさを再び!!

大久保篤」先生の「SOUL EATER」。

当時マンガで読んでいたのではなく、アニメで見ていたのですが……、あの頃の懐かしさが再びです。

カバーイラストは新たに描き下ろし、購買意欲を掻き立てられるイラストと、ストーリーを知っていても楽しめる爽快さ。

「魂の共有」!! 鎌職人伝統の大技!! 魔女狩り!!

この台詞を改めて読むことになろうとは……、バトル・バトル・バトルのテンポの良さも久しぶりですね。

面白すぎて読む手が止まりませんし、完全版ということだけあって一気に読めるのもなお良し!

ぜひとも全17巻を揃えたい。

主人公たちの成長あり、熱さあり、エッチィさもある作品ですので、読んだことのない人はぜひ完全版を読んでみてはいかがでしょうか?

そんな「SOUL EATER」の評価は、10点中9.5点です。

ここから「SOUL EATER」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「SOUL EATER」の主なストーリー

「健全なる魂は健全なる精神と、健全なる肉体に宿る。」

死神武器職人専門学校略して『死武専』――……、”職人”と”武器”が通う学び舎。

彼らの義務は”99個の人間の魂””1個の魔女の魂”を食べさせ「死神様」の武器”デスサイズ”を造ることなのだが……。

“魂”の鼓動を聴け。伝説がここから始まる! 

「SOUL EATER」の登場人物

  • 鎌職人「マカ=アルバーン」
  • 魔鎌「ソウル=イーター」
  • 暗器職人「ブラック☆スター」
  • 魔暗器「中務椿(なかつかさつばき)」
  • 「死神様」の息子「デス・ザ・キッド」
  • 二丁魔拳銃トンプソン姉妹「リズ・トンプソン」&「パティ-・トンプソン」

以上、「SOUL EATER」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,253人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑