*

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」感想と評価 ハーレムアニメとして化けた作品!?

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」というアニメをご存じでしょうか?

この作品は、『亜細亜堂』が制作したアニメであり、原作は『講談社ラノベ文庫』です。

今回は、「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の評価と感想

画像は【アニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」公式twitter】より引用

ハーレムアニメとして化けた作品!? ヒロインがかなり可愛いし、キャラデザも言うまでもなく最高でした!

むらさきゆきや」先生の「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」。

ヒロインがかなりかわいい……、それに限ります。

猫耳の「レム」と胸が異様にでかい「シェラ」、そんな二人と日常部分で何度も見せるエッチィシーン……、もう最高ですね~

キャラクターも最高でしたし、そんなエッチィシーンがあったからこそ、”ハーレムアニメ”としてはかなりレベルが高かった作品だと個人的に思っています!

ストーリー展開事態は、主人公最強にハーレム、異世界召喚と「テンプレをこれでもかっ!!」ってくらい詰め込んだ作品なのですが、アニメの作画・キャラデザがかなり良かったこともあり、化けたアニメでした。

何度も言いますが、キャラクターがめちゃくちゃ良いんです!

原作は読んで知っているのですが、それでも毎話毎話楽しく視聴させて頂きましたよ。

何だか毎週の癒やしのアニメであったりして……、ちなみに、「レム」と「シェラ」どちらか一人を選ばなければいけないとしたら、管理人は「レム」派です。

ハーレムアニメを見たい方には断然おすすめできるアニメであり、アニメの構成・ストーリーもよく考えられておりますので、気になった方はぜひ見てみて下さい。

そんな「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の評価は、10点中9点です。

ここから「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の主なストーリー

ファンタジーMMORPG”クロスレヴェリ”にて、真の魔王と呼ばれるプレイヤーがいた。

そのプレイヤーとは、「坂本拓真」が操作する「ディアヴロ」……、そんなある日、「坂本」はいつも通り目を覚ますことになる……、のだが……。

そこは見慣れたゲームそっくりの世界、目の前には二人の美少女……、そんな二人の美少女たちはいきなり俺にキスしてくることになって……。

一人は豹人(ひょうじん)族の「レム」、もう一人はエルフ族の「シェラ」……、彼女たちは魔王「ディアヴロ」を召喚し、服従させようとしていたのだ。

「ディアヴロはわたしが召喚したのです」

「ディアヴロはあたしが召喚したの!」

「坂本」は、”クロスレヴェリ”とよく似た異世界にどちらかの召喚獣「ディアヴロ」として召喚させられたということで……、しかし、「ディアヴロ」は逆に彼女たちを服従させることになります。

コミュ力0を自認する主人公が、魔王ロールプレイとゲームで培った魔王の能力を武器に、絶対的強さで突き進む異世界冒険譚、開幕!

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の登場人物

登場人物:声優

  • ディアヴロ:水中雅章
  • シェラ・L・グリーンウッド:芹澤優
  • レム・ガレウ:和氣あず未
  • アリシア・クリステラ:原由実
  • クレブスクルム:種﨑敦美
  • エデルガルト:加藤英美里
  • シルヴィ:大久保瑠美
  • エミール・ビュシェルベルジェール:置鮎龍太郎
  • セレスティーヌ・ボードレール:千本木彩花

アニメーション会社

  • 亜細亜堂

以上、「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の紹介でした。

気になった方はぜひアニメの配信や円盤を借りるなどをして見てみて下さい!

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,243人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑