*

「百万光年のちょっと先」感想と評価 5分であなたを虜にする48品のショートストーリー

「百万光年のちょっと先」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『JUNP j BOOKS』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年2月7日です。

今回は、「百万光年のちょっと先」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「百万光年のちょっと先」の評価と感想

画像は【JUMP j BOOKS編集部公式twitter】より引用

5分であなたを虜にする48品のショートストーリー集! 最後のオチにグッとくる!?

古橋秀之」先生の「百万光年のちょっと先」。

個人的にお気に入りのストーリーを3つ挙げるとするならば、「三倍返しの衛生」と「顔をなくした青年」、「最後の一冊」

”5分であなたを虜にする”というのはあながち間違っておらず、まとまった約10ページのショートショート集48本の世界観に嵌まってしまいます。

最後にはしっかりとしたオチがあって、「おぉ~、納得。楽しかった」と思える時間に浸れると思いますよ!

しかも、全部が全部、単なるショートストーリーなのではなく”すこしふしぎ”、ちょっと変わった”SF”要素が盛りだくさんに詰め込まれており、余計に物語に没入してしまいます。

今まで聞いたことのないような、読んだことのないような話の連続で、「この後どうなる?」と終始気になると思いますよ。

いや~、文句なしに楽しめたし、驚きの連続……、グッチョブ!

イラストに関して、イラストレーターは「矢吹健太朗」先生が担当しています。

「矢吹健太朗」先生といえば最近では「ダーリン・イン・ザ・フランキス」でお馴染み。

表紙も言うまでもなくSF感が漂っていますし、モノクロのイラストに関しては言うまでもなくハイクオリティ。

48回も楽しめるショートストーリー、あなたもぜひ読んで虜になって下さい!

そんな「百万光年のちょっと先」の評価は、10点中10点です。

ここから「百万光年のちょっと先」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「百万光年のちょっと先」の主なストーリー

人それぞれの、原風景と言うべき特別な記憶……、私にとってのそれは、子供部屋の薄暗い天井に浮き出た染みと、柔らかなランプの光。

そして、古びたつやの出た木製のマニピュレーター、私の手をやさしく握る感触。

私の生まれついた家は中流家庭だったが、一台の自動家政婦を使っていた……、死んだ祖父が格安で買い入れたという彼女は、何十年も働いてくれている。

少女のようでもあり、老婆のようでもあり、あるいは古い家具のようでもあるその奇妙な存在を、幼い私はなんの疑問もなく受け入れていた。

「たまには外に出たくないの?」

「お外はもう十分」「この目でほうぼうを拝見してまいりましたから。それはそれは、記憶装置がパンクしそうなくらい、さまざまな出来事を目の当たりにしたのですよ。うれしくなることやら、悲しくなることやら、びっくりすることやら」

「はてさて、ひとことで言えるものじゃあございません。長くなりますから、お話はまた明日にでも」

「では、ひとつだけお話ししましょう」

話の出だしは、いつも同じ……、「そう、あれは――百万光年のちょっと先」

「百万光年のちょっと先」の登場人物

  • 長年働き続ける自動家政婦「彼女」
  • 自動家政婦から驚き、恐怖、感動のストーリーを聞くことになる「私」

ここまでが「百万光年のちょっと先」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「百万光年のちょっと先」どんな展開のストーリー?

「百万光年のちょっと先」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「百万光年のちょっと先」の主な内容

貴方が眠りにつくまでに「彼女」が語り聞かせてくれるのは、5分間で味わえる「すこしふしぎ」な驚き、恐怖、感動のストーリー。
古橋秀之が紡ぐ珠玉の物語を、矢吹健太朗の美麗イラストが彩る、奇蹟のショートショート集。

百万光年のちょっと先、今よりほんの三秒むかし。

彼女から語り聞かせてくれるのは、5分間で味わえる「すこしふしぎ」な驚き、恐怖、感動のストーリー。

死神と宇宙船の話や”誕生前徴兵”という制度が導入された国の話、そして、究極の大百科事典の話、身の丈ひとつで恋をする話……。

はたまた、十億と七つの星の話や不死身の兵隊の話、三倍返しの衛生の話、恋文を書くロボットの話、電卓ジョニィの冒険、穴の底に住む男と凍った娘の話、顔をなくした青年の話……。

その他にも、ひとりのまぬけな男の話や絵と歌と、動かぬ巨人の話、”完全燃焼タブレット”という運動補助食品の話、五歳から、五歳までの話、首切り姫の話、最後の星のりたちの話、鍛冶屋の弟子の話……。

まだまだ、賢者と戦争の話やパンを踏んで空を飛んだ娘の話、非言語的コミュニケーションが人間関係の基盤となった国の話、死者のボタンの話、勉強熱心な男の話、首から下と宇宙グモの話、平和の運び手の話、ドロン猫と猫獲り名人の話、四つのリングの話などなど。

さて――物語に終わりがあるように、あらゆる存在には、それぞれの最期の時がいつか訪れる。

気になるタイトルの数々……、その世界観にせひとも没入してほしいし、楽しんでほしい。気になった方はぜひ読んでみて下さい!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「百万光年のちょっと先」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,243人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑