*

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯」感想と評価 やりすぎた新作ラノベ!

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『講談社ラノベ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年10月2日です。

今回は、「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の評価と感想

画像は【講談社ラノベ文庫公式twitter】より引用

「新妹魔王の契約者」からのやりすぎた新作ラノベ! ラノベ史上最もエッチィし、サービスイラストもとにかくヤバい!?

上栖綴人」先生の「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」。

ちなみに、「上栖綴人」先生はアニメ化した「はぐれ勇者の鬼畜美学」「新妹魔王の契約者」でもお馴染みですよね~

エッチィ、面白い、エッチィ、主人公最強すぎる、エッチィ、ヒロインが可愛すぎる!

とにかく主人公がとてつもなく強いし、読んでいて爽快でしたね~

そして、「新妹魔王」に引き続き凄くエッチィし……、文章もとてつもなくヤバい表現だらけ……、さらに、イラストもサービスを超えて……、すでに「『新妹魔王の契約者』を超えてエッチィのではないかッ!!」って思うくらいです。

その上、ストーリー展開も文句なしに面白く、委員長なのにエッチィっていうこの矛盾感……なんか背徳感があって良いですよね~

タイトルにもある通りいろいな意味でやりすぎている作品です。

イラストに関して、イラストは「GoHands」が担当しています。

アニメ制作会社がイラスト担当、コミカライズも決定と……、しかも、帯にアニメ化未定と掲載するくらい一巻からとても強気!

そして、過激すぎるイラスト……、カラーもモノクロもモロ見えていましたからね~

「新妹魔王の契約者」からの新作ラノベ! サービスシーンもなのですが、話の設定などもとにかく引き込まれるので、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の評価は、10点中10点です。

ここから「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の主なストーリー

これは、大罪の力をその身に宿した少年少女の物語。

異能特区『裏吉祥寺』で、誰よりも自由に生きている、…―――狼たちの物語。

20XX年――吉祥寺の街に突如降臨した七体の熾天使(セラフ)……、それらの降臨と同時に井の頭公園周辺の人たちに異能の力が宿り始めるというとある現象が起きた。

そして熾天使たちは、公園内に高層の建造物を出現させると、姿を消してしまった。

そんなことで吉祥寺は世界初となる『異能特区』へと政令指定され、人類の新たな可能性を求め移住希望者が殺到。

『転生届け』という正式な届け出がないと吉祥寺に移住することはできなかったのだが、やがて不法に『異能特区』へと移住する者も現われ無法地帯へと化してさえいた。

政府はこうした無法地帯化を黙認……、数年後、吉祥寺に都内最大規模の歓楽街が形成され、そこは『裏吉祥寺』と呼ばれるようになっていた。

『裏吉祥寺』に存在するとある異能力者集団、『異能特区』において最強の代名詞でもある『餓狼旅団』。

そんな『餓狼集団』の最高幹部筆頭で、組織のナンバー2「小鳥遊士狼(たかなししろう)」は、異世界に召喚され、その時に異能力を手にしていた。

ある日、「士狼」は薄暗い路地裏で黒服の男たちに追われている”千年の一人の委員長”「鴻崎唯」を助けることになるのだが……、その際に二人の唇が重なり合うことになって……。

しかも、今日に限って木曜日……、突如として「鴻崎唯」の瞳の奥に、とある紋章が浮かんでしまうことになります。

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の登場人物

  • 裏吉祥寺の歩く下半身「小鳥遊士狼(たかなししろう)」
  • 千年の一人の委員長「鴻崎唯(こうさきゆい)」
  • 色気溢れる女団長「皇神美伽(おうがみみか)」
  • ロリエロメイド「因幡翠琴(いなばみこと)」
  • ゴスロリメイド「因幡凜(りん)」
  • 「士狼」の頼れる相棒「御堂煉也(みどうれんや)」

ここまでが「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」どんな展開のストーリー?

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」1巻の主な内容

熾天使が降臨し、異能で溢れた世界初の【異世街】裏吉祥寺。そんな街で唯一、本当の異世界に召喚されていた小鳥遊士狼は、背徳の禁忌を犯す事で魔神を殲滅し『七つの大罪』全ての力を得て帰還。異能グループ《餓狼旅団》の最高幹部筆頭になり気ままな日々を送っていた。だがある日【千年に一人の委員長】と評判の少女、鴻崎唯が男達に追われるのを目撃! 助けた拍子に、士狼の【禁断の色欲】が唯へと刻まれてしまい――「大丈夫だよ。委員長の色欲は俺が鎮めるから」「あの小鳥遊くん……何で無駄に良い笑顔なの?」
二つの運命が絡み合う時―世界は新たな最強を知る!
『新妹魔王の契約者』の上栖綴人が描く【最強】×【禁忌】の異世街黙示録!!

七つの大罪の異能力を持つ「小鳥遊士狼」と色欲の刻印が刻まれてしまった”千年に一人の委員長”「鴻崎唯」

「小鳥遊士狼」が異世界『グランシェルト』で手に入れた力は、”七つの大罪”を属性としているもの。

「士狼」の七つの大罪異能は、この世界だと曜日ごとにそれぞれ顕在化が強まる特性があって……、一方で、その曜日が重なるとちょっとした問題も出てきたりして……。

「事故とはいえ、木曜日の士狼さんとキスしてしまうとは……しかも、よりにもよってこの時間帯に。運が悪いというか、これはもう運命だったんでしょうねぇ」

不意に「鴻崎唯」の身体の奥に『熱』が生まれ、次の瞬間、途端に体内で膨れ上がる”ある感覚”があって……。

実は「士狼」に触れた状態で、顕在化が強まっている属性の本能を共有してしまった相手は、その大罪に由来した感覚が強まってしまい……、ところが大罪の担い手として相応しいと判断された者には、”刻印”が刻まれることになる。

そうして、「唯」に刻まれてしまったのは”色欲”の刻印であり、おまけに、どうも委員長は色欲の大罪異能の担い手として相応しい素質があったらしくて……。

「小鳥遊くん、お願い…優しくしないでもっと滅茶苦茶にして」、軽く達してしまう委員長……。

「委員長のその感覚は、色欲の大罪因果がちょうど始まったからなんだよ」

「そ、そんな……んっ、はぁ……ふぁあん♥」、とうとう耐えられなくなった「唯」はソファーの上で横向きに倒れ込んでしまい……。

「唯」の身体は服の上からでも解るほど熱く火照っており、経験したことのない異次元の甘い疼きに襲われ、もう我慢できない状態。

でも、全ての大罪異能を宿している「士狼」なら色欲の刻印を満たすことができる。

「士狼さんにして貰えば、唯さんもすぐにご自分の色欲がどれほど淫らで罪深いかを、思い知ることができますよ」

エッチィ、エッチィ、エッチィ、エッチィ、エッチィ、エッチィ……、今までのライトノベルを超えたやりすぎたエッチィ作品!! 気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯(ニューゲーム)」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,264人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑