*

「Re:ゼロから始める異世界生活」感想と評価 2016年ラノベ部門とアニメ部門の二冠に輝いたラノベアニメ!

「Re:ゼロから始める異世界生活」というアニメをご存じでしょうか?

この作品は、『WHITE FOX』が制作したアニメであり、原作は『MF文庫J』です。

今回は、「Re:ゼロから始める異世界生活」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「Re:ゼロから始める異世界生活」の評価と感想

画像は【『Re:ゼロから始める異世界生活』公式twitter】より引用

2016年ラノベ部門とアニメ部門の二冠に輝いたラノベアニメ! ストーリー展開にキャラクターと文句なしの傑作アニメ!!

長月達平」先生の「Re:ゼロから始める異世界生活」、イラストは「大塚真一郎」先生が担当しております。

登場人物・物語の構成と文句なしの面白さ、そしてそこに加わるシリアスさもかえってこのアニメの魅力へと変わります。

主人公がうまく事を進んでいると思わせておいてのどんでん返し……、予想外の展開に驚愕しつつ、「この作品面白いわ!!」と思わされてしまいます。

後半にいくにつれ涙を流すシーンも……、あの神シーンも目を離せないですよ(あのシーンは一生記憶に刻まれます)!

「スバル」に対する「レム」と「エミリア」の最初と最後の心情の変化にも注目して見るとより感動できると思いますね。

なお、孤独で苦悩し続ける「スバル」……、そんな彼の守るべき人のために無力にも抗い続ける姿に感銘を受けます。

”死に戻り”という能力を持ち……、『魔女』によって授けられたその能力は理不尽にも死んだら生き返るというものであった。

しかも、記憶を残したまま過去へとタイムループしてしまい、その能力は決して他人には、明かしてはならない……、明かしてしまうと……。

「異世界ファンタジーアニメといえば、まずこの作品!」ってくらいおすすめのアニメですので、気になった方はぜひ見てみて下され!

そんな「Re:ゼロから始める異世界生活」の評価は、10点中10点です。

ここから「Re:ゼロから始める異世界生活」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「Re:ゼロから始める異世界生活」の主なストーリー

近くのコンビニで買い物をしていた「ナツキ・スバル」であったが、扉を出るとそこは何故か異世界であった。

異世界に召喚されてしまったのかと戸惑いながら彷徨っていると、「スバル」はチンピラに絡まれることになる。

そんな「スバル」の元に銀髪の美少女「エミリア」が通りかかり……、「スバル」をそのチンピラから助けることになるのだが……。

「スバル」と「エミリア」との出会いは運命の出会いではなく……、それは絶望に抗い続ける過酷な運命の序章。

頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。

「Re:ゼロから始める異世界生活」の登場人物

登場人物:声優

  • ナツキ・スバル:小林祐介
  • エミリア:高橋李依
  • パック:内山夕実
  • ラム:村川梨衣
  • レム:水瀬いのり
  • ベアトリス:新井里美
  • ロズワール・L・メイザース:子安武人
  • ペトラ・レイテ:高野麻里佳
  • オットー・スーウェン:天﨑滉平
  • フェルト:赤﨑千夏
  • ラインハルト・ヴァン・アストレア:中村悠一
  • クルシュ・カルステン:井口裕香
  • フェリックス・アーガイル:堀江由衣
  • ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア:堀内賢雄
  • アナスタシア・ホーシン:植田佳奈
  • ユリウス・ユークリウス:江口拓也
  • プリシラ・バーリエル:田村ゆかり
  • アル:藤原啓治
  • エルザ・グランヒルテ:能登麻美子
  • ペテルギウス・ロマネコンティ:松岡禎丞
  • ロム爺:麦人

アニメーション会社

  • WHITE FOX

以上、「Re:ゼロから始める異世界生活」の紹介でした。

気になった方はぜひアニメの配信や円盤を借りるなどをして見てみて下さい!

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,233人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑