【新規のサイバース族に関して考察】《ランチャー・コマンダー》《サルベージェント・ドライバー》など・・・

新規のサイバース族に関して考察していきます。今回紹介していくカードたちは《ランチャー・コマンダー》《サルベージェント・ドライバー》《スリーストライク・バリア》です。
これらのカードは「コード・オブ・ザ・デュエリスト」に収録されるカードです。

正直なところ結構微妙かなと思うカードばかりですね。

スポンサーリンク

ランチャー・コマンダー

星4 サイバース族 地属性 攻1700 守1200
効果モンスター
➀このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
➁1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

ランチャー・コマンダーの効果考察

  • 自分フィールドのサイバーズ族モンスターの攻守を300アップ
  • ターン1でサイバース族1体をリリースし、相手の表側表示のモンスターを対象にし、そのモンスターを破壊

サルベージェント・ドライバー

星6 サイバース族 光属性 攻2200 守2100
効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのサイバース族リンクモンスターが相手によって破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
➁手札から魔法カード1枚を捨て、自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン直接攻撃できない。

サルベージェント・ドライバーの効果考察

  • 自分フィールドのサイバース族リンクモンスターが破壊された場合、発動でき、手札・墓地からSS
  • 手札から魔法カード1枚をコストに、墓地のサイバース族モンスターを対象にSS(※SSしたモンスターは直接攻撃できない。)

相手によって、破壊されたらssは結構使えるかもですね。墓地からssは地味に強い。魔法カードをコストに何でもサイバース族を出せるのは良いですな。

スリーストライク・バリア

通常罠
➀相手フィールドのカードが3枚のみの場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。
●このターン、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
●このターン、自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与える度に、その数値分だけ自分のLPを回復する。

スリーストライク・バリアの効果考察

相手フィールドのカードが3枚の場合のみ発動可能、以下の3つのうち1つを発動

  • 自分モンスターは戦闘では破壊されない
  • 自分が受ける戦闘ダメージは0
  • 相手に戦闘ダメージを与えるたびに、その数値分ライフを回復

和睦の使者》で十分である。以上

今回新たに判明しているサイバース族、主人公が使うカード、「EM」みたいに訳が分からないほど種類が出たら困るかも・・・

【関連記事】

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • フォロー待ってま~す!

    管理人はとにかくアニメと遊戯王が大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑