*

「ソードアート・オンライン」感想と評価 ライトノベル界でトップを走るラノベアニメ!

「ソードアート・オンライン」というアニメをご存じでしょうか?

この作品は、『A-1 Pictures』が制作したアニメであり、原作は『電撃文庫』です。

今回は、「ソードアート・オンライン」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「ソードアート・オンライン」の評価と感想

画像は【アニメ ソードアート・オンライン公式twitter】より引用

生きるか死ぬかの瀬戸際、「キリト」のプレイヤーとしての全力シーン!? 「スターバーストストリーム」

川原礫」先生の「ソードアート・オンライン」、イラストレーターは「abec」先生です。

多少苦戦するシーンがあるのですが、それでも主人公強すぎると言っても過言ではない「SAO」。

1期の「ソードアート・オンライン」や「アルヴヘイム・オンライン」でも圧倒的な強さを見せるのだが、個人的に好きなのは2期の「ガンゲイル・オンライン」です。

その名の通り銃を主体としたVRゲームで、剣を使って「キリト」が無双していくシーンはまさに爽快そのものですよ!

銃弾をたたき斬るなんてもはや人間技ではない。

なお、3期の「アリシゼーション」ではいつもは強い「キリト」の成長シーンに注目ですね。

最高のヒロイン「アスナ」を筆頭に魅力あるヒロインたちにも注目で、2期・3期と増えていく「シノン」や「アリス」も文句なしに可愛い!

そして、そんなVRゲームにドラマもあれば感動もあり、その世界感に引き込まれるような、そのゲームをやってみたいと思わせるような感覚にとらわれてしまいますね~

話の設定もしっかりしており、世界観に引き込まれてしまうような作品ですので、気になった方はぜひ読んで見てくださいな!

そんな「ソードアート・オンライン」の評価は、10点中9点です。

ここから「ソードアート・オンライン」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「ソードアート・オンライン」の主なストーリー

2022年、ナーヴギア専用ゲームソフト「ソードアート・オンライン(SAO)」の正式サービスが開始された。

SAOは、VR(仮想現実)空間でプレイするゲームであったのだが……。

ログイン初日、ゲーム開発者「茅場晶彦」によって全プレイヤーはログアウト不可能となってしまう。

そこから脱出するためには、SAOをすべて攻略しなければならない。その上、VR空間での死は現実世界の死をも意味しており……。

皆が不安に駆られる中、1人のプレイヤー「キリト」は真っ先に攻略するべく動き出すのであった。

「ソードアート・オンライン」の登場人物

登場人物:声優

  • キリト:松岡禎丞
  • アスナ:戸松遥
  • シリカ:日高里奈
  • リズベット:高垣彩陽
  • クライン:平田広明
  • エギル:安元洋貴
  • ユイ:伊藤かな恵
  • サチ:早見沙織
  • 茅場晶彦(かやばあきひこ):山寺宏一
  • リーファ:竹達彩奈

アニメーション会社

  • A-1 Pictures

以上、「ソードアート・オンライン」の紹介でした。

気になった方はぜひアニメの配信や円盤を借りるなどをして見てみて下さい!

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,229人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑