*

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」感想と評価 社畜が最強すぎるライトノベル!?

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『スニーカー文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年9月1日です。

今回は、「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の評価と感想

画像は【スニーカー文庫公式twitter】より引用

社畜が最強すぎるライトノベル!? そして、エッチィ展開にエッチィイラストもあったりして……。

永菜葉一」先生の「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」。

まずこの作品を読んで最初に出てくる言葉は……、”日本の社畜は最強すぎるっ!!”ということ。

本当にこんな社畜がいたらヤバいですし、数々のとんでも話に笑わせてもらいましたね~

まさに爽快感満載の作品であり、「柏木」の姿を見ていたらあらゆる意味で”最強”の二文字が相応しいと思ってしまいますよ!

また、この作品に欠かせないのはやはりあのエッチィ展開……、言うまでもなくエッチィですし、ヒロインがとにかく可愛いんですよね~

著者は合法だとあとがきに書いておりましたが、JKのあんな姿やこんな姿を見せられたら……、ヤバいし、「『姫乃』さんっ!?」ってなってしまいます。

イラストに関して、イラストレーターは「kakao」先生が担当しています。

モノクロ最初のイラストがあれでしたからね~、しかも、カラーイラストも凄く色気があって最高の一言でした!

マジで半端ないくらいエッチィ……、そして、「有栖川姫乃」が可愛すぎる……、エッチィ……、ヤバい。

主人公最強でエッチィ展開もあるけど、その中に”熱い展開”などもあって、とにかく個人的にめちゃくちゃ嵌まった作品でしたので、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の評価は、10点中9.5点です。

ここから「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の主なストーリー

男の名は柏木啓介。二十八歳、独身。世界的な大企業・有栖川(ありすがわ)グループに属するビジネスマンである。

絶海の孤島に隔離された学び舎――『聖ルルド学園』、そこは世界中から資産家の令息令嬢たちを集めた学園であり……、しかし、入学条件となるのは没落寸前の資産家であるということ。

この学園では、生徒たちが一発逆転を賭けた、借金返済ゲームを行っており……、その名も『奇跡のルルドゲーム』。

輸送ヘリに乗りながら「柏木」はそんな学園に憤りを感じていた……、その時、「柏木」のアラートが鳴り響き、彼女は今まさに窮地に立たされているということを「柏木」は気付くことになって……。

「覚えておけ。俺は特別な存在などではない。どこにでもいる――ただの社畜だ!」

そうして、死のギャンブルが蔓延る学園へ向けて、社畜は空を舞うのであった。

「有栖川姫乃」は有栖川グループの跡取り娘……、そんな彼女はあられもない姿で、予想だにしない窮地に立たされており……。

「はーい、有栖川さんが真っ二つに裂かれちゃうまで、あと三分♪」

「いやぁ、やめてぇ! 止めて、早くあの装置を止めて下さい!」

「姫乃」を追い詰めていた人物は、赤毛に派手なシュシュをつけた、スレンダーな美少女「久遠寺玲花」……、彼女は「姫乃」に『奇跡のルルドゲーム』を仕掛け、その結果、チェーンソーを向けられる状況になっていた……、のだが……。

そこに有栖川ブランドのビジネススーツを着た男「柏木」がステンドグラスの欠片をきらめかせ、流星のように落下してくるのであった。

「俺は有栖川グループ本社付き・特別危機管理対策室・主任・柏木啓介。この死のギャンブルが渦巻く学園において、我が社の跡取り・有栖川姫乃を守るためにやってきた、ただの社畜だ」

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の登場人物

  • ”JK堕とし”の異名を持つ社畜「柏木啓介(かしわぎけいすけ)」
  • 有栖川グループの跡取り娘、JK「有栖川姫乃(ありすがわひめの)」
  • 久遠寺製菓の跡取り娘、JK「久遠寺玲花(くおんじれいか)」
  • 「姫乃」の担任教師「宇佐見葵(うさみあおい)」

ここまでが「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」どんな展開のストーリー?

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」1巻の主な内容

 最強の会社員、爆誕。闇堕ちしたJKたちを社会人パワーで蹂躙&救済! モテまくる!? 有栖川グループ社員の柏木啓介はある日、社長の思いつきで備品として聖ルルド学園へ送り込まれる。そこでは資産家令嬢のJKたちが『借金返済ゲーム』と称し、殺し合いをさせられていた。大人として見過ごせず、柏木は備品枠でゲームに介入。生徒会の久遠寺玲花を倒し、泣かし、救済する。「サービス残業だ。お前たちは俺が救う。あとは任せろ」「こんな大人、初めて…っ。オジサマ、素敵! あたしを抱いて!」絶望したJKたちを救うため、柏木の快進撃が始まった。会社員と女子高生の新たな王道、ここに開幕!

コードネーム”JK堕とし”「柏木啓介」! この学園をぶち壊すための快進撃が始まる!?

「我が社の跡取りが世話になったな? ここから先は俺が相手だ」

社畜である「柏木啓介」は「久遠寺玲花」を地獄に堕とすため……、「問答は無用。身を以て知れ」「さあ――デスマーチの時間だ!」

「柏木」は社畜だから銃弾を回避することもできるし、拳で壁を砕く程度軽く出来てしまう……、そんな「柏木」は姫乃の”差し入れ品”としてやって来たのだ。

「俺のコードネームは――JK堕とし。この身はお前のような生徒を地獄へ堕とすためにやってきた」

「柏木」がやって来た理由は、この腐った学園を叩き潰すために……、生徒同士で命のやり取りをするような日々を終わらせるため。

かくして、最強の社畜と社長令嬢が並び立ち、死のギャンブルが蔓延る学園をぶち壊すという――新たな業務が幕を開ける。

JKとまさかの共同生活が始まってしまう!? あんなことやこんなことまでもがっ!!

有栖川グループ本社付き、特別危機管理対策室、通称”トッキ”……、業務は”特命”、グループ会社に発生する様々な危機に対し、特殊な訓練を受けたエージェント社員たちが対応している。

「――言わば、グループ内の超法規的なんでも屋だな。そこに会社の危機があれば、事の大小にかかわらず、俺たちはなんでもやる。求められるのは対応力と適用力。どんな畑違いの業務だろうと、現場に入る頃には即戦力と化していなければならない。それを可能とする人材だけがトッキのエージェント社員に選ばれる。……まあ、おかげで俺たちは毎度地獄のような現場に放り込まれるわけだが」

「姫乃」が転入させられた理由は、「柏木」単身だと学園で動きづらいため……、しかも、「姫乃」の入学条件を満たすため、「姫乃」の父親は有栖川グループの株をすべて売り払ってまで……。

そして、とりわけ敵は、『ルルドゲーム』を仕切る生徒会執行部。

社畜が最強すぎるし……、しかも、相手はJKばかりっていうとんでもない作品ですが、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

以上、「JK堕としの名を持つ男、柏木の王道」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,231人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑