異世界ファンタジーアニメ・異能バトルアニメ おすすめ39選

”異世界ファンタジーアニメ”や”異能バトルアニメ”を中心に紹介していきたいと思います。

最近のアニメを多めに紹介しているところはご了承下さい。おすすめのアニメばかりを集めてみましたので、ぜひ参考になればと思います。

スポンサーリンク

「異世界ファンタジーアニメ」「異能バトルアニメ」を紹介

管理人が特におすすめする”異世界ファンタジーアニメ”と”異能バトルアニメ”を紹介していきます。最後のページには”異世界ファンタジーアニメランキング”と”異能バトルアニメランキング”なども作っているので、ぜひ見てくれるとうれしいです。

このページでは、主に「異世界ファンタジーアニメ」に焦点を当てて紹介していきたいと思います。

絶対におすすめしたい「異世界ファンタジーアニメ」を紹介

Re:ゼロから始める異世界生活〈著者:長月達平〉

画像は【TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト】より引用

「Re:ゼロから始める異世界生活」のあらすじ

近くのコンビニで買い物をしていた主人公「ナツキ・スバル」は、コンビニを出るとそこは”異世界”だった。なぜこんな世界に来てしまったのかと戸惑いながら彷徨っていると、とあるチンピラに絡まれることとなる。そんな「スバル」の元に銀髪の美少女が通りかかり、「スバル」をそのチンピラから助けることになるのだが…、その出会いは”運命の出会い”ではなく、そこから”過酷な運命”と立ち向かっていくことになる。

登場人物:声優

  • ナツキ・スバル:小林祐介
  • エミリア:高橋李依
  • パック:内山夕実
  • ラム:村川梨衣
  • レム:水瀬いのり
  • ベアトリス:新井里美
  • ロズワール・L・メイザース:子安武人
  • オットー・スーウェン:天﨑滉平
  • ペトラ・レイテ:高野麻里佳

制作会社・各話放送〈2016年4月~9月〉

2016年”ラノベ部門”と”アニメ部門”の二冠を達成した作品!!

物語の構成、登場人物と文句なしの面白さ、そしてそこに加わるシリアスさもかえってこのアニメの魅力へと変わります。主人公がうまく事を進んでいると思わせておいて予想外の展開になるところは驚きもあり、「この作品は面白い!!」と思いました。

後半にいくにつれて涙を流すシーンも…、あの神シーンは目を離せない!

あの場面は一生記憶に残るだろうと思います。主人公に対する「レム」と「エミリア」の最初と最後の心情の変化に注目して見るとより感動できると思います。

主人公「スバル」は異世界に来て、「死に戻り」という能力を持つことになる。

『魔女』によって授けられたその能力は理不尽にも死んだら生き返るというものであった。しかも記憶を残したまま過去へとタイムループしてしまう。その能力は決して他人には、明かしてはならない。明かしてしまうと……。

孤独で苦悩し続ける「スバル」、彼は守るべき人のために無力にもあらがい続けます。

”異世界ファンタジー”といったらまずこの作品ってくらいおすすめのアニメなのでぜひ見ていない方は見て下さい。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「Re:ゼロから始める異世界生活」のPV

この素晴らしい世界に祝福を!〈著者:暁なつめ

画像は【アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』公式サイト】より引用

「この素晴らしい世界に祝福を!」のあらすじ

「カズマ」は引きこもりでありニート、”引きニート”であった。ある日、店舗限定のゲームを買いにいった帰り道、トラックに轢かれそうになっている女の子を助けようとしたところ、「カズマ」は死んでしまう。その後、死後の世界に飛ばされ『女神』である「アクア」と出会う。「アクア」にそのあとの人生を迫られ、「カズマ」は異世界に行くことを決意する…、『女神』を連れて…。

登場人物:声優

  • カズマ:福島潤
  • アクア:雨宮天
  • めぐみん:高橋李依
  • ダクネス:茅野愛衣
  • ちょむすけ:生天目仁美
  • ウィズ:堀江由衣
  • ゆんゆん:豊崎愛生

制作会社・各話放送〈第1期:2016年1月~3月 第2期:2017年1月~3月〉

  • スタジオディーン〈制作会社〉
  • 第1期:1話~11話/第2期:1話~11話(アニメの続きはラノベ5巻~)

ヒロインは全員かわいいのですが、残念な性格の女の子達ばかりが登場!?

主人公「カズマ」は、”異世界転生”して、これから始まる魔法を使える世界を楽しみにしていたのだが、実際、”異世界転生”してみるとその世界は理想とかけ離れていた。しかも仲間になっていくのは、変人ばかり……。

でもそんな残念な異世界物語が面白い!

彼ら、4人が繰り広げるちょっと違う物語、しかもなんか面白い物語が魅力的です。

また、「カズマ」1人が男なのですが、ハーレムになるという展開はなく、でもなんやかんやで「カズマ」のことを思っている3人に注目です。

単純に面白い”異世界ファンタジーアニメ”だと思いましたし、見て損はないと思いますのでぜひ見て下さい。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「この素晴らしい世界に祝福を!」のPV

ノーゲーム・ノーライフ〈著者:榎宮祐〉

画像は【映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』 オフィシャルサイト】より引用

「ノーゲーム・ノーライフ」のあらすじ

兄の名前を「空」、妹の名前を「白」、二人で『 』。そんな天才ゲーマーが、現実世界において、チートを使っているプレイヤーに対しても全く引けを取らなかった。しかし、彼らはそんな現実世界に飽きていた、生まれた所を間違ったとさえ思っていた。そんなある日、チェス勝負を唐突に挑まれ、それに勝った『 』はゲームで全てが決まる世界【ディスボード】へと連れてこられることとなる。

登場人物:声優

  • 空:松岡禎丞
  • 白:茅野愛衣
  • ステファニー・ドーラ:日笠陽子
  • ジブリール:田村 ゆかり
  • クラミー・ツェル:井口裕香
  • フィール・ニルヴァレン:能登麻美子
  • 初瀬いづな:沢城みゆき
  • テト:釘宮理恵

制作会社・各話放送〈2014年4月~6月〉

現実世界におけるゲーム類いでは、チートをしている相手でも負けなし!!

そんな兄妹が飛ばされた世界は、ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】

そこは十六の種族がおり、位階序列というものがあった。人類『イマニティ』の位階序列は最下位、なぜなら『イマニティ』は『精霊回廊』というものが備わっておらず、魔法を使うことも、魔法を感知することもできない。

それこそが『イマニティ』を最下位に陥れている圧倒的な不利な状況。

二人がいれば、敗北はないッ!!

そんな圧倒的な不利な状況から、最強の兄妹「空」と「白」が立ち向かっていくことになる。全ては「唯一神」たる「テト」に挑むために。

この作品も”異世界ファンタジーアニメ”なら見逃せない作品です。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「ノーゲーム・ノーライフ」のPV

灰と幻想のグリムガル〈著者:十文字青〉

画像は【TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」公式サイト】より引用

「灰と幻想のグリムガル」のあらすじ

目覚めると、そこは『グリムガル』という世界が広がっていた。主人公「ハルヒロ」は自分の名前しか思い出せず、また同じ境遇の人々もそうであった。その『グリムガル』という世界は”魔物”と戦うことによって、生きていくために必要なものを確保しなければならなかった。そして『義勇兵』となり”魔物”と戦うか、あるいは街でひっそり暮らすかの2択の選択を「ハルヒロ」は迫られることになる。

登場人物:声優

  • ハルヒロ:細谷佳成
  • ランタ:吉野裕行
  • マナト:島崎信長
  • モグゾー:落合福嗣
  • ユメ:小松未可子
  • シホル:照井春佳
  • メリイ:安済知佳
  • レンジ:関智一
  • ロン:杉田智和
  • ブリトニー:安元洋貴
  • バルバラ:能登麻美子

制作会社・各話放送〈2016年1月~3月〉

  • A-1 Pictures〈制作会社〉
  • 全1話~12話(アニメの続きはラノベ3巻~)

「異世界」を舞台に繰り広げられる”異世界ダークファンタジーアニメ”

人の”死”が身近に感じられる”異世界アニメ”、生死をかけた戦いが始まります。

「突然異世界に飛ばされてしまったら…」って考えると現実味がなくなるけど、突然見ず知らずの場所で、そして自分だけで生きていかなくてはならない状況になってしまうとこのような心情になってしまうのではないかと主人公達に感情移入できるアニメでした。

世界感、ビジュアルも文句なしによかったし、すごい。

世界感も良いし、なんか独特の背景、ビジュアルがすごかったです。世界感に引き込まれてしまいます。

また、近年の”異世界ファンタジーアニメ”でしたら、”俺TUEEE”が多いのですが、この作品は全くそういうのはなく、1匹のモンスターを倒すのにもしっかり作戦を練っています。”生きるために”

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「灰と幻想のグリムガル」のPV

GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈著者:柳内たくみ〉

画像は【TVアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』公式サイト】より引用

「GATE(ゲート)自衛隊 彼の値にて、斯く戦えり」のあらすじ

突如として『銀座』に”ゲート”が現れる。そのゲートからモンスターやら、中世の人間が現れ、『銀座』の人たちを無差別に殺害する事件が起こってしまう。それを収束させるために、自衛隊が応戦し、事態は解決される。そして日本政府は、ゲートの向こう側の新たな開拓地を求め、「伊丹耀司」率いる”特地派遣部隊”を送り込むのであった。

登場人物:声優

  • 伊丹耀司:諏訪部順一
  • テュカ・ルナ・マルソー:金元寿子
  • レレイ・ラ・レレーナ:東山奈央
  • ロゥリィ・マーキュリー;種田梨沙
  • ヤオ・ハー・デュッシ:日笠陽子
  • ピニャ・コ・ラーダ:戸松遥
  • 栗林志乃:内田真礼
  • 富田章:安元洋貴
  • 倉田武雄:石川界人

制作会社・各話放送〈第1クール:2015年7月~9月 第2クール:2016年1月~3月〉

  • A-1 Pictures〈制作会社〉
  • 全1話~24話(アニメの続きは小説4巻~)

”自衛隊”が”異世界”を侵略していく!?

侵略していくといっても、主人公「伊丹耀司」率いる自衛隊は、”異世界”の住人と良好な関係を築きながら任務を遂行していきます。

また、何故かかわいいヒロインが多く出てきます。

自衛隊が中心となって物語が繰り広げられていくのは、リアルに感じられる。

「自衛隊」VS「異世界の住人」の戦いは、やはり科学の圧倒的な力に屈する”異世界の住人”の姿があった。

それも圧倒的なまでの戦力差であり、異世界住人は、そんなの見たことがない…っていう表情です。

1話見ていく度にはまる”異世界ファンタジーアニメ”なのでぜひ見て下さい。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

「GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」のPV

まだまだ続きますよ、”異世界ファンタジーアニメ”

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. ななほし より:

    サクラダリセットはどうでしょう?
    私は好きですが

    • AKAMADO より:

      コメント返信遅れて申し訳ありません。
      「サクラダリセット」は、まだ全部見れていません。

      また、このアニメは学園アニメで紹介しようと思っています(>_<)

  2. 匿名 より:

    灰と幻想のグリムガルがない、訴訟

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。
      「灰と幻想のグリムガル」は2ページ目に入っています(T_T)

  3. 匿名 より:

    このすばのカズマはトラックに轢かれた訳じゃないだろ
    トラクターをトラックと勘違い&轢かれたと思い込んだことによるショック死

  4. 匿名 より:

    ちょっとFate出しすぎでは?w

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。

      「Fateシリーズ」は好きなんで多めに入れていますw

  5. 匿名 より:

    管理人日本語不自由すぎない?

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。

      確かに誤字、脱字などがかなり多く、途中意味の分からない日本語になっているところがあります。
      日々そのような間違いがないように努めていきます。

      そんな間違いなどを祖敵してくれるコメントにはかなり重宝しています。

  6. カンタ より:

    フェアリーテイルのこの文
    彼女は主人公《ナツ》、そして彼の相棒《ナッツ》と出会い
    ナッツじゃなくてハッピーですよ。

  7. 匿名 より:

    ゼロ魔は?

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。
      「ゼロの使い魔」はいいですね。入れておきます!!

  8. 匿名 より:

    カズマの声優は福島測じゃなくて福島潤です。

  9. 匿名 より:

    アウトブレイク・カンパニーがないだと……!?

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。
      「アウトブレイク・カンパニー」はまだ見ていないので、見終わったらいれておきますね。

  10. ニッケル より:

    グラブルの相棒は「ピィ」じゃなくて、「ビィ」ですよ?

  11. より:

    ドラ闇じゃなくて泥闇ね

  12. 匿名 より:

    ラノベばっか…

  13. ねこまめ より:

    シャーロットがない…だと…?

  14. 匿名 より:

    モグゾーの声が小松未可子になってた。

  15. 匿名 より:

    このすばそんな面白くない

  16. セカイ より:

    『ピンチの《スバル》の元にたまたま銀髪の美少女が通りかかり、《スバル》をそのチンピラから助ける。彼女の名前は《ステラ》で、紀章というものを無くしたらしく困っていた』

    この文ですが、『彼女』はステラではなく、サテラと名乗ってましたよ~。

  17. mitty より:

    めぐみんの父の名前は”ひょいざぶろー”ですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑