*

「僕の心のヤバイやつ」感想と評価 これがリアルな格差ラブコメ漫画!

「僕の心のヤバイやつ」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は『少年チャンピオンコミックス』で出版されているマンガで、初版発売日は2018年12月15日です。

今回は、「僕の心のヤバイやつ」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「僕の心のヤバイやつ」の評価と感想

画像は【僕の心のヤバイやつ公式twitter】より引用

キュンキュン・ニヤニヤが止まらなくなる!? これがリアルな格差ラブコメ漫画!

桜井のりお」先生の「僕の心のヤバイやつ」。

「山田」さんの行動一つ一つが可愛すぎるし、予測不可能。

学校でねるねるねるねを作って食べているし、天然で頑張り屋さんでかなり好感を持てるヒロインです。

そんなヒロインと陰キャ主人公の様を描いた“青春格差ラブコメディ”となっています。

「僕ヤバ」の一番の魅力は、“二人の距離間”がしっかりと描かれていることです。

徐々に徐々に縮まっていく二人の関係、主人公が彼女を知り好きになっていく瞬間など、読者を引き寄せるシーンが何度かあります。

「この先二人の関係はどうなっていくのだろう」とただただ続きが気になってしょうがなくなりますよ。

繊細な距離間を描き、読んでいる読者をキュンキュン、ニヤニヤさせるハイレベルラブコメ! 気になった方はぜひ読んでみて下され!

そんな「僕の心のヤバイやつ」の評価は、10点中10点です。

ここから「僕の心のヤバイやつ」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「僕の心のヤバイやつ」の主なストーリー

学園カースト頂点の美少女、山田杏奈の殺害を妄想してはほくそ笑む、中二病真っ最中の陰キャ、市川京太郎。
だが、美少女らしからぬ山田の意外な一面を知ってから、不本意にも京太郎の心は乱されいき!?
京太郎の青春が今、かなり静かに動き出す……!!

僕が今最も殺したい女……、その女とは学校イチ美人でモデルもやっている「山田杏奈」。

底辺を見下すあの視線がどうにも気に入らない「京太郎」。でも、そんな妄想をしている自分の頭はもっとおかしい。

とある昼休み、「京太郎」が図書室に入るとそこにはあの「山田」がッ!!

「山田」はおにぎりを食べているし、鼻歌歌いながらお菓子を食べているはで……?

そんな「京太郎」であったが、後に“山田が好きだ”という自分の気持ちに気付くことになる。

僕は恋を知らない。

「僕の心のヤバイやつ」の登場人物

画像は【桜井のりお先生twitter】より引用

  • 中二病真っ最中の陰キャ「市川京太郎(いちかわきょうたろう)」
  • 学園カースト頂点の美少女「山田杏奈(やまだあんな)」

以上、「僕の心のヤバイやつ」の紹介でした。

画像は【桜井のりお先生twitter】より引用

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,260人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑