*

「好きな子がめがねを忘れた」感想と評価

「好きな子がめがねを忘れた」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は、『ガンガンコミックスJOKER』で出版されているマンガで、初版発売日が2019年2月22日です。

今回は、「好きな子がめがねを忘れた」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「好きな子がめがねを忘れた」の評価と感想

画像は【ガンガンJOKER編集部【公式】twitter】より引用

めがねを忘れた数だけ二人の関係は縮まっていく
だって彼女との距離が近すぎるのだから

「三重」さんがめがねを忘れて→「小村」くんに近づく→「小村」くんがドキドキするラブコメ

単にめがねを忘れただけなのに何故こんなにも面白くってドキドキしてしまうのだろう

藤近小梅」先生の「好きな子がめがねを忘れた」。

めがねを忘れ眉間にしわを寄せて必死で見ようとする「三重」さんがとにかく可愛い

「どれだけ可愛いかって?」

もう言葉にならないほど可愛いしか出てこないです。読めば可愛い、読めば可愛い。

「三重」さんの可愛い顔をゼロ距離で近づけられたら……、もうニヤニヤが止まらない。

ありがちな日常シーンをコンセプトでこんなにも引き込まれるラブコメは読んだことがない! 気になった方はぜひ読んでみて下さいな。

そんな「好きな子がめがねを忘れた」の評価は、10点中9.5です。

ここから「好きな子がめがねを忘れた」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「好きな子がめがねを忘れた」の主なストーリー

隣の席の女の子がめがねを忘れた。
困っている三重さんをフォローしてあげたい小村くんだけど、見ようと一生懸命な彼女の距離が近すぎて――。

隣の席の「三重」さん。いつもぼーっとしていて口を開けばズレたことを言う。

でも俺はそんな「三重」さんのことをいつの間にか好きになっていた。

その分厚いレンズ越しでいい……、「三重」さんのきれいな目で見つめられたい「小村」くん。

ある日「三重」さんはめがねを忘れて、そんな彼女に「小村」くんは教科書を見せてあげるのだが……。

見ようと一生懸命な「三重」さんとの距離は近い、とにかく近すぎる「三重」さん。一方で、ドキドキする「小村」くん

めがねを忘れたことで縮まっていく二人の関係にニヤニヤが止まらない

「好きな子がめがねを忘れた」の登場人物

画像は【藤近小梅先生twitter】より引用

  • ド天然女子「三重(みえ)」さん
  • ヘタレ男子「小村(こむら)」くん

以上、「好きな子がめがねを忘れた」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,251人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑