*

「アオアシ」感想と評価 今まで読んだことのないスポーツ漫画!

「アオアシ」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は、『ビックコミックス』で出版されているマンガです。

今回は、「アオアシ」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「アオアシ」の評価と感想

画像は【小学館コミック公式twitter】より引用

今まで読んだことのないスポーツ漫画! とにかく考えて考えて考えるサッカー。

小林有吾」先生の「アオアシ」。

考えて考えて考えてとにかく考えたその先に、勝利への道を切り開く瞬間が好きです。

そして、選手たちが本気でプロを目指す熱意がビシビシと伝わってきます。

とにかく才能だけではない。並ならぬ努力も必要だけど、とにかく頭を使って、自発的に考えてプレーすること。

ありとあらゆる再良手を探り、試合状況に合わせてプレーを考えていく様。

サッカーは一人でできるスポーツではない。まさにこんなサッカー漫画は読んだことも見たこともない。

転換期は7巻であり、「アシト」が高みへと昇っていく第一歩に注目です。

時には挫折を味わい、能力を開花させながら底辺から成長していく主人公「アシト」。そして、「アシト」の第一号ファンで、ずっと見届ける「花」。

時には勇気をくれ、色々な意味で勉強になる漫画! 青春の感動が詰まっている作品ですので、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

ちなみに、「花」の名言”人間は考える葦である”、この言葉が一番響きましたし、好きです。

また、「福田」監督の”正解をさっさと伝えるなんて、指導者の怠慢さ。考えさせることに――…意義がある。”という台詞も好きです。

そんな「アオアシ」の評価は、10点中10点です。

ここから「アオアシ」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「アオアシ」の主なストーリー

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。
短気だが親思い、そして誰よりもサッカーが好きなアシトは、ある日、大きな挫折を経験することに。
そんな彼の前に、謎の男が現われて!?
将来、日本のサッカーを変える少年の運命は、ここから急速に回り始める!

中学最後の試合に出場していた「青井葦人(あおいアシト)」であったが、レッドカードで一発退場……、高校推薦も取り消しに……。

「ありえねぇ!」「あいつ、フィールドにいた全員を!!」「22人全員の位置を覚えてやがった!!!」

そんな彼の前に現われたのは、東京にある強豪Jクラブ『東京シティ・エスペリオンFC』のユース監督「福田達也(ふくだたつや)」

「福田」にはある”野望”があった。

それは彼が作り上げたクラブで、世界を掌中に収めること。世界への踏み台ではなく、”我がクラブこそが世界だと”

その野望のすべてを担うものが”育成(ユース)”

「アシト」の無限の可能性を見抜いた「福田」は、東京で開催される入団試験(セレクション)を受けるよう勧める。

「世界へ、連れていってやる。」

「アオアシ」の登場人物

  • 荒削りながら、強烈な才能を秘めている「青井葦人(あおいあしと)」
  • 「福田」の義理の妹「一条花(いちじょうはな)」
  • 「東京シティ・エスペリオン」の監督「福田達也(ふくだたつや)」
  • 「アシト」とともにセレクションを受ける受験生「大友栄作(おおともえいさく)」
  • 「アシト」とともにセレクションを受ける受験生「橘総一郎(たちばなそういちろう)」
  • 「東京シティ・エスペリオン」唯一のスカウト入団「富樫慶司(とがしけいじ)」

以上、「アオアシ」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,244人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑