*

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」感想と評価

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」という小説をご存じでしょうか?

この作品は、『メディアワークス文庫』で出版されている小説で、初版発売日が2019年7月25日です。

今回は、「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の評価と感想

画像は【メディアワークス文庫公式twitter】より引用

”愛”の証明とは? 不自由な愛の物語であると同時に、感動の愛の物語

斜線堂有紀」先生の「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」。

最後の結末をたとえ知っていたとしても、感動してしまう良作。

彼女と過ごした夏の時間は一銭の価値もないのに、彼女の死体には三億円の価値がある。

チェッカーゲームを通じ彼女との距離が縮まっていく一方、致死の病が彼女を蝕んでいく。

大金を前にして目の色を変える周囲の人たち。愛を証明し続けなければならない少年。

彼女の傍に居続けることさえ証明できない少年の葛藤……、そして、そこから出した少年の”正解”とは……?

人々が抱く感情を良い部分も悪い部分もよく表した一冊であり、文章表現・ストーリー展開も素晴らしいの一言。

色々と考えさせられますし、二人の時間がずっと続けばいいのにと何度思ったことか。

ちなみに、「弥子」さんの「……来ちゃった」の一言には心奪われてしまいますね。

表紙イラストに関して、イラストレーターは「くっか」先生が担当しています。

表紙はまさにこのシーンといってもいいほどのイラストを表しており、「これしかないわ!」という精度の高さ。

不自由な愛の物語を描いた感動作! 彼らが出した”正解”とは何なのか? 気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の評価は、10点中10点です。

ここから「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の主なストーリー

弥子さんと過ごした時間には一銭の価値も無いのに、彼女の死体には三億円以上の価値がある。

僕の押している車いすには三億円が座っている。

今の「弥子」さんは僕に笑いかけることも、チェッカーをしてくれることもないけれど、それでも、そういうことをしてくれた「弥子」さんよりずっと価値がある。

それがどうしようもなく悲しい。

夜道を歩きながら今までのことを考える「江都」。

今ここに居ることは間違っているのか、それとも、正解なのか……、「弥子」さんと出会って、僕は沢山の間違いを犯してきた。

けれど、正解だって多少は選んできたはずだ。

僕は「弥子」さんとの思い出を回想するけれども、決して歩みを止めずただただ歩き続ける。

最初の間違いは、僕が昴台サナトリウム――とある病気の為に建てられた特別な療養所――に隣接する道を通ったことだった。

僕はそこで一人の女子大生「都村弥子」と出会うことになる。

「弥子」さんは身体が金塊に変わる致死の病”金塊病”を患っており、彼女は「江都」に死後三億で売れる自分の相続を持ち掛ける。

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の登場人物

  • 片田舎に暮らす中学生「江都日向(えとひなた)」
  • 致死の病”金塊病”を患う女子大生「都村弥子(つむらやこ)」

ここまでが「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」どんな展開のストーリー?

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」はどんな展開なのか紹介していこうかと思います。

「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の主な内容

 片田舎に暮らす少年・江都日向は劣悪な家庭環境のせいで将来に希望を抱けずにいた。
 そんな彼の前に現れたのは身体が金塊に変わる致死の病「金塊病」を患う女子大生・都村弥子だった。彼女は死後三億で売れる『自分』の相続を突如彼に持ち掛ける。
 相続の条件として提示されたチェッカーという古い盤上ゲームを通じ、二人の距離は徐々に縮まっていく。しかし、彼女の死に紐づく大金が二人の運命を狂わせる――。
 抱えていた秘密が解かれるとき二人が選ぶ『正解』とは?

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから

「単刀直入に言うよ。エト、私を相続しないか?」

ただし、三億円を相続するには”条件”がある。

その条件とは、チェッカーという古い盤上ゲームで一度でも「弥子」さんを負かすこと。

唐突なことで戸惑う「江都」。

「……そんなバグで出来たお金、受け取れません。やっぱりおかしいですよ、こんなゲームで……」

「反省したならもう二度と言わないでくれないかな。私は君が来てくれるだけいいの。エトが来てくれないと寂しいよ」

チェッカーを通じ、二人の距離は縮まっていくのだが、三億円という大金が二人の運命を狂わせることになる。

もしこのような状況になってしまったら、自分はどんな決断をするだろうか。彼らの愛の物語をぜひ読んであげて下さい。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「夏の終わりに君が死ねば完璧だったから」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,244人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑