*

「月曜日の友達」感想と評価 独特の世界観で繰り広げられるガール・ミーッ・ボーイ!

「月曜日の友達」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は『ビッグコミックススピリッツ』で出版されているマンガで、初版発売日が2017年9月4日です。

今回は「月曜日の友達」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「月曜日の友達」の評価と感想

画像は【小学館公式サイト】より引用

独特の世界観で繰り広げられるガール・ミーッ・ボーイ! 最後の結末は感動必須!?

阿部共実」先生の「月曜日の友達」。

中学生になった途端、変わってしまった周囲の人たち

「わたしって変なのか?」

息苦しさを覚えた「水谷茜」と、超能力を使える「月野透」。

中学校についていけない二人……、大人にもなりきれない二人……。

中学生の心の動きを上手く表現した作品で、納得できる素晴らしい青春物語でした。

中学生になるとなんか大人ぶっているというか、変わってしまった人たちってやはりいたと思うんですよね。

自分の過去と照らし合わせた時、妙に心落ちしましたし、「このような漫画と出会えて良かった」と心から思いました。

真っ直ぐに生きる彼らの真っ直ぐな思い。これが”本当の青春”なんだと心に刻まれた漫画でした。

何気に”超能力”と何の前触れもなく書いていますが、タイトルにも関わってきますので、ぜひ読んで確かめて下さい!

そんな「月曜日の友達」の評価は、10点中10点です。

ここから「月曜日の友達」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「月曜日の友達」の主なストーリー

「私は月曜日が嫌いだ。」「月野透(つきのとおる)と会う約束をしてしまったから。」

「水谷茜(みずたにあかね)」は、中学生になった途端気づいてしまった。

この町は窮屈すぎるということを……。自分の行動が周りから変に思われ、姉と比較され変に思われて……。

そんな時、夜の学校で超能力を使う「月野透」と出会った。

大人と子供のはざまのひとときの輝きを描く、
まばゆく、胸がしめつけられるガールミーツボーイ物語。

「月曜日の友達」の登場人物

  • あどけなさが抜けきれない中学女子「水谷茜(みずたにあかね) 」
  • 超能力が使える中学男子「月野透(つきのとおる)」
  • 有名な兄を持つ不良女子「火木香(ひきかおり)」

以上、「月曜日の友達」の紹介でした。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。ちなみに、2巻完結です。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,253人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑