*

「 おすすめライトノベル 」 一覧

「きみって私のこと好きなんでしょ?」感想と評価

「きみって私のこと好きなんでしょ?」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『GA文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年4月30日です。 今回は、「きみって私のこ

続きを見る

「日和ちゃんのお願いは絶対」感想と評価

「日和ちゃんのお願いは絶対」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年5月9日です。 今回は、「日和ちゃんのお願いは絶対

続きを見る

「死呪の大陸」感想と評価

「死呪の大陸」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『MF文庫J』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年9月25日です。 今回は、「死呪の大陸」の感想を紹介していきま

続きを見る

「ホラー女優が天才子役に転生しました」感想と評価

「ホラー女優が天才子役に転生しました」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ガガガ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年8月25日です。 今回は、「ホラー女優

続きを見る

「現実でラブコメできないとだれが決めた?」感想と評価

「現実でラブコメできないとだれが決めた?」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ガガガ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年7月22日です。 今回は、「現実で

続きを見る

「楽園ノイズ」感想と評価

「楽園ノイズ」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年5月9日です。 今回は、「楽園ノイズ」の感想を紹介していきます。

続きを見る

「声優ラジオのウラオモテ」感想と評価

「声優ラジオのウラオモテ」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年2月7日です。 今回は、「声優ラジオのウラオモテ」の

続きを見る

「オーバーライト」感想と評価

「オーバーライト」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年4月10日です。 今回は、「オーバーライト」の感想を紹介して

続きを見る

「いもキス」感想と評価

「いもキス」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『GA文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年4月30日です。 今回は、「いもキス」の感想を紹介していきます。

続きを見る

「終焉ノ花嫁」感想と評価

「終焉ノ花嫁」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『MF文庫J』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年7月25日です。 今回は、「終焉ノ花嫁」の評価と感想を紹介して

続きを見る

「俺は星間国家の悪徳領主!」感想と評価

「俺は星間国家の悪徳領主!」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年7月25日です。 今回は、「俺は星間国家

続きを見る

「豚のレバーは加熱しろ」感想と評価

「豚のレバーは加熱しろ」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年3月10日です。 今回は、「豚のレバーは加熱しろ」の評

続きを見る

「型破り傭兵の天空遺跡攻略」感想と評価 ボーイミーツガールの王道ファンタジーここに開幕!

「型破り傭兵の天空遺跡攻略」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『スニーカー文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年7月1日です。 今回は、「型破り傭兵の天空遺

続きを見る

「辺境都市の育成者」感想と評価 デザインがヤバすぎるのだが……

「辺境都市の育成者」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『富士見ファンタジア文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年7月20日です。 今回は、「辺境都市の育成者

続きを見る

「スパイ教室」感想と評価 最強のスパイと落ちこぼれスパイたちによる最高の物語

「スパイ教室」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『富士見ファンタジア文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年1月18日です。 今回は、「スパイ教室」の評価と感

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑