*

「 冒険 」 一覧

「劇場版 ダンまち -オリオンの矢-」感想と評価 1万年分の恋をしたくなる最後の瞬間!?

「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-」というアニメ映画をご存じでしょうか? この作品は、『J.C.STAFF』が制作したアニメであり、原作は『GA文庫』です

続きを見る

「メイドインアビス」感想と評価 歴代ファンタジーアニメトップクラスの神アニメ!

「メイドインアビス」というアニメをご存じでしょうか? この作品は、『キネマシトラス』が制作したアニメであり、原作は『バンブーコミックス』です。 今回は、「メイドインアビス」の評価と感想を紹介してい

続きを見る

「スコップ無双」感想と評価 スコップ一本で全てをぶち壊すファンタジーラノベ!?

「スコップ無双 『スコップ波動砲!』( `・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д ゜ ;;;).:∴ドゴォォ」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『MF文庫J』で出版されているラ

続きを見る

「人形の国」感想と評価 真っ白で極寒の”二瓶ワールド”炸裂!

「人形の国」という漫画をご存じでしょうか? この作品は、『シリウスKC』で出版されているマンガで、初版発売日が2017年5月9日です。 今回は、「人形の国」の評価と感想を紹介していきます。 この

続きを見る

「転生したら剣でした」感想と評価 ケモミミモフモフ主人公最高!!

「転生したら剣でした」という漫画をご存じでしょうか? この作品は、『バーズコミックス』で出版されているマンガで、初版発売日が2017年4月24日です。 今回は、「転生したら剣でした」の評価と感想を

続きを見る

「嘆きの亡霊は引退したい」感想と評価 「つまりマスターは神」全てこの言葉に限る!

「嘆きの亡霊は引退したい ~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『GCノベルズ』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年9月4日

続きを見る

「百竜殺しと武器屋の幼女」感想と評価 ロマンある冒険譚、幼女も可愛いの一言!

「百竜殺しと武器屋の幼女 遺跡探索に女の子がついてくるのはなぜだろうか?」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『MF文庫J』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年10

続きを見る

「外れスキル【地図化】を手にした少年は最強パーティとダンジョンに挑む」感想と評価 最弱が最強へと成り上がるストーリー!?

「外れスキル【地図化】を手にした少年は最強パーティとダンジョンに挑む」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年

続きを見る

「冒険家になろう!」感想と評価 第六回ネット小説大賞を受賞した大人気ファンタジー

「冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『Mノベルス』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年7月31日です。 今回は

続きを見る

「異世界迷宮の最深部を目指そう」感想と評価 ヤンデレヒロインがたまらない!?

「異世界迷宮の最深部を目指そう」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2014年7月25日です。 今回は、「異世界迷

続きを見る

「はぐるまどらいぶ。」感想と評価 快活な少女に心惹かれる!?

「はぐるまどらいぶ。」というライトノベルズをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップノベルス』で出版されているライトノベルズです。 今回は、「はぐるまどらいぶ。」の評価と感想を紹介していき

続きを見る

「魔人の少女を救うもの」の評価と感想 愛おしくて切ない物語

「魔人の少女を救うもの Goodbye to Fate」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『GA文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「第9回GA文庫大賞〈優秀賞〉

続きを見る

「オリンポスの郵便ポスト」の評価と感想 火星を舞台に繰り広げられるSF作品

「オリンポスの郵便ポスト」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「第23回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉」に輝いた作品です。 今

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,244人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑